読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みおのおゆうぎ帳

みおが遊んだボードゲームをもぐもぐ砕いて紹介しておるよ!

なつのたからもの

持ち運びいい! 省スペースOK 手軽系 3人〜

君と夏の終わり

将来の夢

大きな希望忘れない。

 

10年後の8月もまた会えるの信じてーえええぇえぇぇ><

 

! 夏だよ あっという間に季節はSummer!!

 

世の中の学生たちはきっと夏休みを思う存分に楽しみ喜び

そして最終週に入って、目の前に積まれた課題や宿題に泣くのでしょう。

 

みおはそうやって、自由研究をギリの前日まで残し、樹木の研究とかいって

あらゆる木やら花の名前を調べて書き起こすというのをやりました。

その際、数足りな過ぎて家の花撮らせてもらったり近所の人にめちゃめちゃ迷惑かけました。その節はありがとうございました。

 

さあ、そんな夏にぴったりゲーム名もなつだしね。っていうことで

「なつのたからもの」を今回は紹介したい!

なつのたからもの R・クニツィア作「ノミのサーカス」のリメイク作品

なつのたからもの R・クニツィア作「ノミのサーカス」のリメイク作品

 

 どんなゲーム?んーとな?なつのたからもの(という名の思い出たち)を集めるゲームだ!!!

 

お小遣いをもらって、駄菓子を買いに行った思い出

ヒマワリを見た思いで

海に行った思い出

花火を見た思いで

そんな思い出たちのカードが10種類

そしてそれらにはなんとポイントがあります。思い出の質でしょうか。

結局ゲームの目的としては夏の思い出を集めてポイントを稼いでいく。ポイントが一番高かった人が勝ち!というところです。

 

一つの思い出につきポイントは0~7まであり思い出は10種類なので80枚!

で、特殊効果カードがいくつかあってぜーんぶをシャッフルして山をつくります。

特殊効果は人からカードがもらえたりいろんな種類があるけど割愛します。

 

で、順番にめくっていくっていうだけの単純作業!

ワンターンで、好きなだけ思い出を懐古することができます。(カードをいくらでもめくれます)

しかし!同じ種類の思い出が出たらばつばつのばつターンエンドになり、最後にめくったカードは棄てカード。闇歴史として封印されてしまうのです。

同じ種類の思い出が出る前に出したカードから一枚選んで自分の手札にすることができます。

次のばんの人は場に出ているカードをとることもできるし、めくることもできます。

そうやって手札を増やしつつ順番を回していきます。

 

さぁ、当然ポイントが高いものをとっていくのがセオリーかと思われますが

「同じ思い出のポイント」はなんと合算されません

花火の7ポイントカードと花火の2ポイントカードとったとして、最終集計の時には大きい数字のポイントしか反映されないのです!

質の低い思い出は忘れてしまう。淘汰されてしまう。そんな悲しみも背負っているのが夏らしいといえば夏らしいんだろうか。どうだろうか?

 

しかし!違う思いでの同じポイントを三つそろえられたら、みんなに公開してポイントとして得ることができます。しかもなんと10ポイント!

なので質が低くとも同じ数字のカードを集めるのも策になってくるのです!

質の低い思い出は、思い出として残らなくても君の経験値にはなっているよ。というところでしょうか。どうでしょうか。

あと10種類全部の思い出を最後に手札に集めていた人は+10ポイント!

 

 

あ、わかったこれリア充が勝つゲームですね!って思ったのはみおだけです?

 

夏なのに花火も祭りも海にもいかずお部屋で漫画を読んでいる小学生をしてると勝てないというゲーム つまりそういうこと・・・。

 

アクティブに思い出作りしたやつが勝てる そういうゲームです(なんか違う)

 

とても単純かつ 絵柄もとてもまるまるっとしていて可愛かったり

ポイントによって地味に絵柄が変わっていたりする発見があったり

手軽に楽しめるゲーム!

 f:id:miogame:20160821014803j:image

こんなかんじー!

夏の間にもっかいやりたいなーあ!

 

夏じゃなくてもたのしいけどなー!!(^O^)!!